2015年4月27日月曜日

iOS8.3で日本語入力時にフリーズするので試してみたこと。

iOS8.3アップデート後、日本語入力の最初でフリーズが起こるようになり、それの回避方法。忘れないうちに書いておこうと思ってからだいぶ経ってしまいました^^;

アップデート前は、数秒のプチフリ程度だったんですけど、今回はガッツリ固まってしまってアプリ終了するかiPhone再起動。という酷い事になってしまいました。

プチフリに関して、自分のiPhoneではiOS4以降からありまして、多分これはユーザ辞書に1万語以上の登録をしたせいで辞書の読み込みに時間がかかってるんじゃないかなと思います。
今回のフリーズの原因は わかりませんけど、ユーザー辞書が関係してるんじゃ?と思って いろいろ試してこれが1番効果あった!って言うのを書いておきます。

---------------
◆はじめに
この方法はユーザー辞書が消えてしまいます。


◆まずはバックアップ
iTunesで iPhoneのバックアップを取ります。このバックアップデータを後でごにょごにょするんで。
(念のためもう一つ別でバックアップデータを取っておいた方が良いです)


◆バックアップデータからユーザー辞書を削除
このツールでバックアップデータの中身を見ます。そして中にあるユーザー辞書らしきファイルを削除します。

System Files/KeyboardDomain/Library/Keyboard/CoreDataUbiquitySupport/配下にある「mobile〜xxxxxxxxx」フォルダ。

この「mobile〜xxxxxxxxx」フォルダを全部削除して、CoreDataUbiquitySupport配下に何もない状態にします。
だったと思います^^;  (ちゃんと覚えてないので要注意、、、)


◆そして復元
iTunesで このバックアップデータを使ってiPhoneを復元します。
文字入力に問題ないことを確認できたら成功ですw


◆あと始末
これはやる必要があるのかどうかわかりませんけど、私は iCloudにあるバックアップデータを削除して、再度iCloudにバックアップを取っておきました。

---------------
このやり方にたどり着くまで、iPhoneを工場出荷状態に戻してiCloudから復元を何度やってもダメだったんで Appleサポートに電話しようかと思いましたが、とりあえずこれで落ち着きました。


- Posted using BlogGo from my iPhone

2015年4月14日火曜日

Mini-z故障

Mini-zが動かなくなって原因不明のまま 1年以上放置していましたが、先日 友人のちょっとしたきっかけで調査してみることにしました。

小さい部品ばかりのMini-zは、組み立て直すのが面倒ですが、故障している物に対しては思いっきり分解できますねw


現象として2つ。
(1)スロットルを引いても押してもピクリともモータ回らず。
(2)ステアリングを動かしても、前輪は常に左MAXに傾いたまま。

(1)は基板とモータのリード線を固定するネジが緩んでいただけで即解決。
(2)がよくわからなくて、サーボモータの挙動が変だなあと思って基板をよく見ると、、ICが焼けていました(^^;




なんでこういう事が起こってしまったのかわかりませんけど、基板を交換すれば再び動きそうです。


- Posted using BlogGo from my iPhone

2015年4月12日日曜日

[iPhone] BlogGo for Blogger


iPhoneでブログ書くときに使っていた「BloggerPlus」っていうアプリがApp Storeからダウンロード出来なくなっていたので、代わりになるアプリを探して目にとまったのがコレ。

何度かポストして使い方を理解していこうと思う。画像に関しては、挿入後は移動できなさそう。

 


- Posted using BlogGo from my iPhone

AddThis