2012年10月26日金曜日

DIY 外壁塗装に挑戦

古屋なウチは、玄関周りの外壁がめちゃ汚い! というか建物全体が汚い。。。
あんまりなんでDIYしてまえ! ということで初外壁塗装に挑戦することにしました!

IMG_0482



このサイトがわかりやすかったので参考にしました。
はじめての外壁塗装 - 自分でやろうDIY塗装

で、揃えた道具は次のとおり。
・パイオランマスカー(養生テープ)
・刷毛(2本)
・ローラーハンドル&ローラー(2本)&トレイ
・下げ缶
・シーラー
・水性塗料


★刷毛とローラーは、下塗り(シーラー)用 と 塗装用を分けて使うことにしたので、2本ずつ用意しました。
シーラーは、塗装前の下塗りで使います。塗装前にシーラーを塗っておくと、塗料の付着性が良くなるそうです。
塗料は、種類がいろいろあるようですが、自分はこの手の知識が全くないため、とりあえず、ネットで調べてわかったことは、

【 フッ素塗料 > シリコン塗料 > ウレタン塗料 > アクリル塗料 】

という順番で耐用年数が長くなり、それに伴い、価格も上がっていくとのこと。
価格を気にしつつ、そこそこ良い物を選択しておきたいというわけで、アサヒペンの『水性シリコンアクリル外かべ用』ってのを選びました。 というよりも、近くのコーナンで買える外壁塗料の種類って3種類くらいしかなくて、その中から良さそうなのを選んだって感じです(^^;
「超耐久!酸性雨・酸性雪・塩害・排気ガス・紫外線に強い」らしいです。 弾性はどうなんでしょうかね?


51AZsMsmVTL._SL500_
537339



(1)養生
ザラザラした壁なので養生しにくかったです。
初めての塗装と言うことで、下手くそながら丁寧に養生しておきました。
これを怠ると塗装の時に悲惨なことになると思います。 養生は塗装の肝ですね。

IMG_0483 


(2)下塗り

養生が終わったら、今度はシーラーで下塗りします。
これをやっておくと、付着性が良くなって塗料が塗りやすいです。


(3)中塗り
ようやく、塗装に入ります!
塗装は、中塗りと上塗りの2回します。 今回は同じ塗料でやりました。
養生をしっかりやってるか否かで仕上がりに差が出ます!

ご近所の方に教えてもらったんですけど、中塗り油性、上塗り水性はダメだそうです。上塗りが上手くいかないとのこと。考えたら確かにそうですね。 今回は中塗り、上塗りどちらも水性塗料を使うので大丈夫そうですね。


(4)上塗り
最後の仕上げです!
中塗りが終わった時には、もう夕方を過ぎていましたので、次の日に上塗りをしました。

中塗りでは、塗りにくかったので水で少し薄めていたので、上塗りで同じことをしたら 塗料が垂れやすくなりました。 上塗り時の塗料は、薄めずに塗った方が良さそうかもです。 塗料を足して、ある程度もとの濃度に戻して塗ることにしました。

IMG_0480



というわけで、最後の上塗りで塗料が垂れてしまい、養生テープの中に入り込んだりして 少しだけ失敗してしまいましたが、初の外壁塗装は(自分では)まあまあ綺麗に仕上がりました!

関連記事:


0 件のコメント:

AddThis