2011年6月23日木曜日

Sony Reader、レイアウト崩れによる文字欠落

Sony Readerで電子書籍を読んでいて、前から気になってたのがあって、「ページの境界で文章が一部欠落している箇所がある」ということです。
これまで数冊読みましたか、たまにそういう欠落しているページに出会います。最初のうちは乱丁のようなものかと思っていて、欠落部分は想像で読んでいました。
でも、フォントサイズを変更すると、その部分が表示されることがわかりました。再び、前のサイズに戻すと欠落します。

Sony Readerって、(書籍別に)初めて選択されたフォントサイズの場合、最初だけ総ページ数の表示に時間がかかるんですけど、この時にレイアウト構築処理が行われていると思うんです。
もしかすると、この処理中にページ送りや戻しなどの操作を行うとレイアウト崩れ(文字の欠落)が発生するのかもしれません。
実際、新しい書籍を読む時は、いつも最初にフォントサイズを"XL"にしてから読むんですけど、長い処理時間に待ちきれなくてページを送ったりしてました(^^;

というわけで、以下の手順でレイアウトの再構築をやってみたら、レイアウトが正常になり文字の欠落が無くなりました!

(1)Sony Readerをパソコンに接続し、
\database\layout\database\media\books
の再構築したい書籍の「***.xml」を削除する。
(2)パソコンとの接続を抜く。
(3)対象の本を開き再構築させる。
  ※再構築中は、たぶん ページ送りや戻しをやってはいけない。
(4)作業おわり。



- Posted using BloggerPlus from my iPhone

関連記事:


0 件のコメント:

AddThis