2011年1月9日日曜日

USBワンセグチューナ「SEG CLIP GV-SC400」

I・O DATAのUSBワンセグチューナ「SEG CLIP GV-SC400」。

USBワンセグチューナの中でどれが良さそうかあまり検討せずに選びました。
先日導入したUSBデバイスサーバ「ETG-DS/US-HS」に接続して、無線LANを通してパソコンで番組を見るのが目的です。なので、「接続するだけですぐに使えるチューナ」ということで選びました。でも、今思うともう少し慎重に選べば良かったかも?





■Flashメモリ内蔵の「SEG CLIP GV-SC400」



このチューナ、4GBのFlashメモリが内蔵されており、ストレージデバイスとして本チューナに録画することも可能。
また、視聴アプリケーションはFlashメモリ内にexeファイルが存在します。なので、チューナを接続して中のexeファイルを実行するだけで視聴可能になるわけです。「接続するだけですぐ使える」というのはこのこと。

付属品は、
・USB延長ケーブル
・ロッドアンテナ
・F型コネクタ変換ケーブル
・外部アンテナ







■USBデバイスサーバに接続



本チューナをUSBデバイスサーバ「ETG-DS/US/HS」に接続。無線LAN経由で視聴します。

PC(Windows7 64bit)からUSBデバイスサーバの接続ツールを使用して問題なくチューナを認識。ここまでは良かったんですけど、視聴アプリケーションの起動に失敗したり、起動できても視聴アプリケーションがフリーズすることがたまに起こります。フリーズが起こるとUSBデバイスサーバの接続ツールからの切断も効かず。。。
こうなると、物理的に抜き差ししないと復帰してくれません。チューナは別の部屋に設置しているため、これが発生すると抜き差しのためにいちいち部屋を移動しなきゃいかんので面倒くさいです。
ちなみに、サブマシン(Windows XP、有線LAN)では、(視聴時間はわずかですが)こんなことは起こっていません。OSの違いによるものか?有線LAN/無線LANの違いによるものか?いろいろ試していないので今のところわかりません。



■ウチの地域は電波状況が最悪?



ロッドアンテナの使用ではまともに視聴は出来ないやろうな、と思っていたので、最初から外部アンテナを使用してみました。
アンテナの背面は強力な磁石になっています。窓際に設置したいので、この磁石を利用してカーテンのタッセルフックに設置!



良い感じに設置できたと喜んでいたのもつかの間、まったくワンセグ電波が入ってこず、映像が出ません。いつまで経っても「選局中」状態。別のチャンネルにしてみても同じ。ごくごくたまに映像が出たりしましたが、映像が更新されず止まったまま。視聴アプリケーションで表示されるアンテナ本数は0。
ウチの地域はワンセグ電波状況がめちゃ悪そうです。



■TVアンテナで解決!



電波状況はどうにもならんし もうええわw と諦める前にI・O DATAサイトのQAを確認。すると「自宅のTVアンテナを接続する」という方法を発見!ウチに余っていたF型ケーブルで試して見ると、、、バッチリ視聴することができました!アンテナ本数は4〜5をキープ。
ウチの町内は集合アンテナなんですけど、どういう仕組みでワンセグ電波を拾ってるんでしょうかね?





自宅のTVアンテナを利用して無事に視聴できるようになりました。自分はワンセグで番組を見るのはこれが初。
視聴中、ちょくちょく映像が崩れたり、音声が途切れたりします。ワンセグってこんなもんでしょうか。それとも、無線LANでデータ転送が間に合ってないせいでしょうか。テレビと同じ感覚で見ているので、音声が途切れたりするとなんかイライラ。。。だいぶ慣れましたけど(^^;


- Posted using BloggerPlus from my iPhone



関連記事:


0 件のコメント:

AddThis