2011年1月31日月曜日

M-241でロギング

購入したM-241で早速ロギングしてみました!


■電車での移動中をロギング

20110129

電車での移動をロギング。想像以上に正確に取れてました。


■街中をロギング

20110130

街中をロギングしてみました。京都大丸の辺りからロギング開始です。
堺町通に入って三条通を歩きました。三条通はお店に入ったりしていたのでグチャグチャしてますね。 河原町通に出ると 背の高い建物が並んでいるためか(?)、なんだか変な軌跡になってます。 いや、実際にこんな行動やったのかもしれません(^^;
高島屋で買い物を済ませた後 四条通を歩いて京都大丸まで戻ったのですが、高島屋に入ったところでロギングが終わってますね。そういえば、ロギングストップさせようとしたとき、「GPS Searching」表示になっていたので 高島屋から出てからそれ以降、衛生捕捉が出来なかったのでしょう。

自分の行動を残すことで、後で確認したとき「今日行った場所って、あそこの近くなんや」とか「なんか無駄な行動してるな・・・」とか、いろんな発見が出来そうです!
このM-241、なかなか面白いですよ。

2011年1月29日土曜日

HOLUX M-241が届きました。



Holux M-241 が届きました。
日本語マニュアルが添付されていましたが、非常にあっさりしたものでした。PCとの接続方法と本体仕様、液晶表示のメニュー遷移程度の記載なので、こうしたい時はこういう手順で•••というのがいじってみないとわかりません(^^; そんな複雑では無いんで、ちょっといじってたらなんとなく理解できると思います。

ちなみに、セット購入した地図ソフト「Mapple for U」ですが、残念ながら京都の詳細データは入ってなかったです。それでもそこそこ使えると思います。

今日は、出勤中にM-241でロギングしたので帰宅後に確認したいと思います!










- Posted using BloggerPlus from my iPhone



2011年1月28日金曜日

Holux M-241を注文



PDA工房で、「Bluetooth GPSロガー Holux M-241 Mapple for U セット」を注文しました。M-241に付属の地図ソフトは使い難いらしいので、Mappleとセットになったやつ。
今日か明日には届きそうです。

自分は、登山やジョギングなどはしないし、旅行もほとんど行きませんが、休日に出かけた時(特にジオキャッシングする日とか)に使用してどんだけ移動したか記録を取ってみたいと思います。


- Posted using BloggerPlus from my iPhone



2011年1月27日木曜日

GV-SC400 と ETG-DS/US-HS (つづき)

前回のエントリで、iPhone未接続状態ならOKぽいことを書きましたが、やっぱりダメでした(^^; 未接続状態でも視聴アプリの起動に失敗します。あの時は、たまたま うまくいってただけのようです。

OSがWindows7(64bit)だから?無線LANだから?常駐ソフト? いろいろ切り分けが必要そうです。
なかなか うまくいきませんね。


- Posted using BloggerPlus from my iPhone



2011年1月26日水曜日

GV-SC400 と ETG-DS/US-HS の組み合わせで視聴アプリの起動に失敗する

先日から、USBデバイスサーバ「ETG-DS/US-HS」に、USBワンセグチューナ「SEG CLIP GV-SC400」を接続して、ワンセグ視聴が可能になりました。
ただ、視聴アプリの起動に失敗することがしばしばあります。失敗すると マイコンピュータからワンセグチューナが見えなくなったり、USBデバイスサーバの管理ツールから切断を試みても切断中のまま応答が無かったり。最悪、PCがフリーズすることもありました。。。

いろいろ試行錯誤しているうちに、あることに気が付きました。
パソコンにiPhone 3GSを接続しているか否かです。ツライチのUSB変換PCI ExpressカードでiPhoneを接続してるんですが、接続状態だと視聴アプリの起動に(確率100%に近いくらい)失敗します。逆に未接続状態だと今のところ失敗は起きていません。
他にも試してみたいことはありますが、とりあえず iPhone未接続状態でのアプリ起動で様子を見てみたいと思います。


- Posted using BloggerPlus from my iPhone




2011年1月20日木曜日

WR8700N と Intel WiFi Link 5100 AGN、シグナルが非常に強いときの速度

先日、気が付いたんですけど。
WR8700N と Intel WiFi Link 5100 AGNの組み合わせで距離を縮めてやると、結構良い速度が出るということがわかりました。今まで無線LANでやってて見たことない数値です!

【確認環境】
・無線LANは、IEEE802.11a/nで接続。
・ルータとパソコンの距離は、「ワイヤレスネットワーク接続の状態」の速度が300Mbpsになるところまで近づけておく。実際、2〜3mくらいでした。
・速度計測はK-opticomのスピードテストのサイトで行う。


以下は、計測結果の数値です。
上りも下りも85Mbps程度の速度が出ました!




いつもパソコンを使ってる所からルータまで6m程度の距離で、30〜50Mbps。ルータは2階で、パソコンは1階、という環境だからかもしれませんね。

ちなみに、有線LANで繋がってるパソコンでも計測してみました。結果 95Mbps程度。やはり有線は安定してますね。





- Posted using BloggerPlus from my iPhone



2011年1月17日月曜日

今年1月の京都

年始からいきなり寒いです。
昨日は雪が降っていた中、四条まで出かけていたので更に寒さが身に染みました。

寒過ぎなので、街まで来たついでにダウンジャケットを見に行くことに。
patagoniaのダウンジャケット良いですね。めちゃ温かったです。これ良いなあ!と思ったんですが、どうもサイズが。。。体にフィットさせようと小さめのサイズを着ると丈がやたら短くなるし、丈を長くしようと大きめのサイズを着ると体にフィットせずダボダボになるし。と言うことで諦めました(^^;
それにしてもダウンジャケット温かいですね!






- Posted using BloggerPlus from my iPhone



2011年1月9日日曜日

USBワンセグチューナ「SEG CLIP GV-SC400」

I・O DATAのUSBワンセグチューナ「SEG CLIP GV-SC400」。

USBワンセグチューナの中でどれが良さそうかあまり検討せずに選びました。
先日導入したUSBデバイスサーバ「ETG-DS/US-HS」に接続して、無線LANを通してパソコンで番組を見るのが目的です。なので、「接続するだけですぐに使えるチューナ」ということで選びました。でも、今思うともう少し慎重に選べば良かったかも?





■Flashメモリ内蔵の「SEG CLIP GV-SC400」



このチューナ、4GBのFlashメモリが内蔵されており、ストレージデバイスとして本チューナに録画することも可能。
また、視聴アプリケーションはFlashメモリ内にexeファイルが存在します。なので、チューナを接続して中のexeファイルを実行するだけで視聴可能になるわけです。「接続するだけですぐ使える」というのはこのこと。

付属品は、
・USB延長ケーブル
・ロッドアンテナ
・F型コネクタ変換ケーブル
・外部アンテナ







■USBデバイスサーバに接続



本チューナをUSBデバイスサーバ「ETG-DS/US/HS」に接続。無線LAN経由で視聴します。

PC(Windows7 64bit)からUSBデバイスサーバの接続ツールを使用して問題なくチューナを認識。ここまでは良かったんですけど、視聴アプリケーションの起動に失敗したり、起動できても視聴アプリケーションがフリーズすることがたまに起こります。フリーズが起こるとUSBデバイスサーバの接続ツールからの切断も効かず。。。
こうなると、物理的に抜き差ししないと復帰してくれません。チューナは別の部屋に設置しているため、これが発生すると抜き差しのためにいちいち部屋を移動しなきゃいかんので面倒くさいです。
ちなみに、サブマシン(Windows XP、有線LAN)では、(視聴時間はわずかですが)こんなことは起こっていません。OSの違いによるものか?有線LAN/無線LANの違いによるものか?いろいろ試していないので今のところわかりません。



■ウチの地域は電波状況が最悪?



ロッドアンテナの使用ではまともに視聴は出来ないやろうな、と思っていたので、最初から外部アンテナを使用してみました。
アンテナの背面は強力な磁石になっています。窓際に設置したいので、この磁石を利用してカーテンのタッセルフックに設置!



良い感じに設置できたと喜んでいたのもつかの間、まったくワンセグ電波が入ってこず、映像が出ません。いつまで経っても「選局中」状態。別のチャンネルにしてみても同じ。ごくごくたまに映像が出たりしましたが、映像が更新されず止まったまま。視聴アプリケーションで表示されるアンテナ本数は0。
ウチの地域はワンセグ電波状況がめちゃ悪そうです。



■TVアンテナで解決!



電波状況はどうにもならんし もうええわw と諦める前にI・O DATAサイトのQAを確認。すると「自宅のTVアンテナを接続する」という方法を発見!ウチに余っていたF型ケーブルで試して見ると、、、バッチリ視聴することができました!アンテナ本数は4〜5をキープ。
ウチの町内は集合アンテナなんですけど、どういう仕組みでワンセグ電波を拾ってるんでしょうかね?





自宅のTVアンテナを利用して無事に視聴できるようになりました。自分はワンセグで番組を見るのはこれが初。
視聴中、ちょくちょく映像が崩れたり、音声が途切れたりします。ワンセグってこんなもんでしょうか。それとも、無線LANでデータ転送が間に合ってないせいでしょうか。テレビと同じ感覚で見ているので、音声が途切れたりするとなんかイライラ。。。だいぶ慣れましたけど(^^;


- Posted using BloggerPlus from my iPhone



2011年1月5日水曜日

USBデバイスサーバ「ETG-DS/US-HS」を導入



前にエントリで紹介したI・O DATAのUSBデバイスサーバ「ETG-DS/US-HS」を購入。


今まで使用してきたBUFFALOのUSBプリントサーバ「LPV-U2S」は、Windows7(64bit)環境では双方向通信ができなくてインク残量などが確認できない状態でした。(ウチの環境が悪い?)
ETG-DS/US-HSに差し替えたら、双方向通信が出来るようになって問題解決!






これに接続したUSB機器は、LAN経由で使用できるため USB機器を移動させずに離れた場所からUSB機器にアクセスすることができます。
ただし、USB機器を直でPCに接続しているのと同じ扱いであるため、USB機器を使用中は、別のPCから使用することができません。排他ですね。

また、プリントサーバ機能を搭載しているので、プリンタに関しては複数のPCから同時に使用(印刷)できるようです、、、と思っていたら制約事項がありました(^^;



------------------
※プリントサーバー機能のご使用に際して
双方向通信が必須となるプリンターではご使用いただくことはできません。
net.USBで接続中のプリンターへは、プリントサーバー機能での印刷を行うことができません。
プリンター情報(インク残量など)を取得したい場合は、net.USBでプリンターを接続してください。

------------------

現状、印刷は全てメインPCで済ましているので(というかサブPCはほとんど使用してない状態•••)問題ありませんが、できれば両立して欲しかったです。

でもまあ、このUSBデバイスサーバってやつはいろんな利用方法がありそうです。離れた場所からUSB機器を使用できますからね。
と言うわけで、これと一緒にUSBワンセグチューナを購入しましたw 今度紹介したいと思います。


- Posted using BloggerPlus from my iPhone



2011年1月3日月曜日

LEGO ブロック外し



LEGOの「ブロック外し」を買ってみました。
ブリックストアで2個購入。Amazonで買うより安かったです。

これを買うまでは、ブロックをバラすのがちょっと嫌でした。もう指が痛くて痛くて•••。

そこで、この「ブロック外し」!
とても良いです。サクサク外せてブロックをバラすのが楽しくなりましたw


- Posted using BloggerPlus from my iPhone



2011年1月2日日曜日

AQUOSのリモコン修理



7年前くらいに購入した液晶テレビAQUOS。
30インチで今思うとなんか中途半端な画面サイズ(^^;
液晶パネルは、子供たちが積み木とかでガンガン叩いていくれたせい(?)で液晶の一部が黒ずみ、リモコンも何度も放り投げられてかなり傷だらけになっちゃってます。。。
それでも普通に使えてたんですけど、最近 音量ボタン(大/小)が効かなくなってしまいました。
渾身の力を込めて押してもピクリとも反応しません(^^;

というわけで、修理できるかわからんですけどリモコン分解!




(1)スライドカバーを引っこ抜く

予め電池を抜いた状態にしておき、表面のスライドカバーを外します。
スライドは行き過ぎないようにストッパーがありますが、その壁を乗り越えるくらいの力で豪快にスライドさせます!








(2)後端からこじ開ける

スライドカバーの後、4箇所のネジを外し、リモコン後端にある引っ掛けを外し、、、えっと ここから上手く分解する方法がわからなかったです(^^;

僕はマイナスドライバを使って無理クソこじ開けました。表裏を引っ掛けてる部分を徐々に外しながら、両サイドの黒パーツも外していきます。





なかなか上手くいかずイライラして、サイドの黒パーツを力任せに引っ張ると「プチンッ、プチンッ」と音を立てて、黒パーツの一部がぶっちぎれてしまいました。
反対側の黒パーツは無理せずに外すことができました。
リモコンのわりに分解し難いややこい構造です。。。










(3)掃除

ようやく基板が出てきました。
ボタンは電動性ゴムを用いた箇所と、そうでない箇所(フィルムのようなもの)がありました。





音量ボタン(青色のところ)は電動性ゴム。よく見るとゴムの表面が濡れていました。油?
とりあえず、基板側はマニキュア落としの液で汚れを落として、ボタン側は水でガッツリ洗いました。ええんかな?

これで掃除完了!







掃除したおかげで音量ボタンが効くようになり、全体的になレスポンスも良くなりました。
それでも、購入当初のようなキビキビしたレスポンスにはならず。電動性ゴムの表面にアルミホイルを貼り付けると良いらしいのです。今回は掃除のみで終了しておきます。


- Posted using BloggerPlus from my iPhone



AddThis