2010年3月25日木曜日

Marathon Mouse M705 使用感など

004
先日から使い始めたロジクールのマラソンマウス M705。



握った感じがとてもしっくりきます。
ほどよい大きさでかぶせ持ち、そしてこの重量感のおかげで、安定したマウス操作が可能になりました。さらに、Airpad ProⅢとの組み合わせで、軽快&安定した操作となりました。
進む・戻るボタンは、はやりこの位置にあった方が良いですね。VX nanoであったような左ボタンの直ぐ隣に配置されているモノと比べると、使いやすさが全然違います。
002



ホイル手前に設置されているMicroGearモード切替ボタンは、購入当初は「こんなところに付いてるなんてどうかなー」と思っていましたが、今では「これはイイ感じ!」と思うまでになりました。
僕は、人差し指の第二関節の腹側を使って、MicroGearモード切替ボタンを押すようにしています。
上手く言葉で説明できないので、切替えの様子を撮影しました(^^; こんな感じですw
若干つまみ持ち気味ですね(^^; 接近して撮影したので全体的にボケてます。





マウス左側面のくびれた所に隠れているステルスサムボタンは、親指で押せるボタンとなっています。マウスを握った状態で、親指を寝かせるように(少し力を加えて)すればボタンが押されます。このステルスサムボタンに機能を割り当てることができますが、デフォルト設定では「アプリケーションスイッチャ」というものになっています。
このアプリケーションスイッチャは、下のスクリーンショットのように、起動しているアプリケーションウィンドウのサムネイル画像がババッと表示され、アクティブにしたいウィンドウをマウスクリックで選択する。という感じで、視覚的に使いたいウィンドウを引き出すことが出来ます。
image


このM705を購入するまでに、あれやこれやとだいぶ悩みましたが、このマウスを選択して正解でした。このマウスを握る度に、コレを買って良かったなーって感じておりますw

関連記事:


0 件のコメント:

AddThis