2010年1月7日木曜日

シャシー交換

031

この前のエントリの「シャシーのTバーを取り付けるネジ穴がバカになってしまった」件で、シャシーの交換を行いました。
ちなみに、ノーマルシャシーが売り切れていたので、スケルトンシャシーとなりました。

SP スケルトンシャシーセット(MR-02/金メッキ端子/ASF対応)


ノーマルシャシーとの違いは、シャシーがスケルトンであること、金メッキ端子を使用していること、だけだと思うのですが値段が全然違いますね。金メッキ端子は、通電時の電流の損失が少ないらしいです。


■サーボ部分取り出し
サーボ部分を取り出すのは今回が初めて。取り出し方がわからなかったのでBambooに聞いてみると、サーボ部分の片側に引っ掛けがあるので、それを爪でクイクイと引き上げるようにすれば取り出せるとのこと。
なるほど、確かに片側に爪で引っ掛けられるようなものがある。言われたとおりにやってみると、簡単に取り出せましたw
032 035



■サーボ部分組立て
組立て順序は、説明書を見ながらやれば戸惑うことはありません。でも、他の部分に比べてパーツ類が小さいため、組立ての難易度が高かったです(^^;
037 038
040



■キングピンも交換
ついでなんで、以前購入していたステンレス製キングピンに取り替えました。
デフォルト(写真右)に比べて、ステンレス製(写真左)の方が表面がツルツルしているのでフロントサスの動きがスムーズになるそうです。
また、キングピンオイルというものを注いであげる必要があるらしいのですが、持ってないので注がず装着。

ちょっとした小技らしいのですが、サスリミッタを上下反対にして取り付けると良いらしいです。しょうまのパパさんのブログで知りました。今度やってみます!
045



■動作確認
途中、サーボモータと基板を繋いでいるリード線が断線してしまうなどのトラブルがありましたが、半田で何とか修復して無事に交換完了です!動作確認もOK。
結構気を遣いながらの作業でしたので疲れました(^^;
052

関連記事:


0 件のコメント:

AddThis