2010年1月23日土曜日

ATOK 2010を買うかどうか・・・

今年の2月5日にATOK 2010が発売されます。
Justsystemから来るメールを引用すると、ATOK 2010が次の点で優れているらしいです。

■新しい「ATOK 2010 for Windows」の魅力
・新OS「Windows 7」にも対応。全面的にプログラムを見直しました
・新アルゴリズムで進化したATOKハイブリッドコア。変換精度がさらに向上
・カタカナ語の英単語つづりによる入力支援を強化
・校正支援機能に「重ね言葉の指摘」を追加



電子辞典の部分一致検索機能ってのも魅力的です。
その他の優れた部分について、星取表として紹介されています。
http://www.justsystems.com/jp/products/atok/comparing.html?m=jui22a06

ちなみに、今使用している辞書「明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.3 for ATOK」は、ATOK 2010の部分一致検索機能に対応していませんが、別売の強化ツールを用意すればOKのようです。
なので、「通常版+強化ツール」の組み合わせが、新機能が利用できて安く済みそうです。

■ATOK 2010 for Windows [プレミアム](5万本限定)
AAA優待版:ダウンロード製品
8400円

■ATOK 2010 for Windows
AAA優待版:ダウンロード製品
4725円

■明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.3 for ATOK[強化ツール]
ダウンロード製品
2100円

もう少しお金を出してプレミアム版にすれば、僕の持っていない辞書が付いてくるし、キャンペーンでポイントも貰えるんです!
+ロングマン英英/英和辞典 for ATOK
+会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK
+500ポイント(JustMyShopサンクスポイントキャンペーン)
でも、ジーニアスがあれば、特にロングマンは必要ないかな?

うーん、「通常版+強化ツール」か「プレミアム版」か悩むところです。
もし買うなら・・・、の話ですけどね(^^;

関連記事:


0 件のコメント:

AddThis