2009年11月9日月曜日

Windows7にして思ったこと

Windows Vista 64bit版からWindows7 64bit版にしてから、全体的にキビキビ動作するようになりました。なかなか快適ですねw



さらに良かったことが・・・。

Windows7 64bit版ではマウスのサイドボタンが効くようになりました\(^▽^)/
半年以上前のエントリーで「Vista 64bit版はマウスのサイドボタンが効かない」と記載していて、せっかくのサイドボタンを有効活用することが出来なかったのですが、Windows7でようやく活躍することが出来ますw



Windows7で、1つ慣れないことがあって・・・。

僕はアプリケーションのクイック起動を使うタイプで、タスクバーを2段構えにして、上段にクイック起動、下段にタスクスイッチ用として使うのですが、Windows7ではクイック起動アイコンとタスクスイッチが混在してしまうことです。
アプリケーションを起動すると、そのアプリケーションのクイック起動アイコンがタスクスイッチに変化します。これより右に配置しているクイック起動たちは、タスクスイッチのバーの幅だけ押し出されて位置がズレてしまうのです。アプリケーションを終了すれば、タスクスイッチはクイック起動アイコンに戻るため元の位置に・・・。
今は少し慣れてきましたが、当初は結構戸惑いました(^^;

image 

これについて調べてみると、上記で「クイック起動」と言っていたモノは、どうやらクイック起動では無いっぽいです。じゃあ何やコレは!?

ちなみに、クイック起動は別に存在するようで、ココにクイック起動を表示させる方法が載っています。

関連記事:


0 件のコメント:

AddThis