2009年8月11日火曜日

デスクトップPCをスペックUP

自宅に2台あるデスクトップPCのうち、サブマシンと使ってた方のHDDが逝かれてしまいました。
と言っても、今ではノートPCばかり使っているので、メインマシンもサブマシンもほとんど出番が無い状態ですけど(^^;
ほとんど使わないサブマシンですが、HDDが逝かれて起動しなくなった状態を放っておくのも気持ち悪い・・・。

というわけで、HDDを交換することにしました。ほとんど出番のないマシンにお金をかけたくなかったので、中古パーツを選択・・・。ついでに、CPUもパワーアップさせることにしました。

■HDD
Maxtor DiamondMax 9
120GB、7200rpm

こんなに容量はいらないのですが、お店で売られていた中で容量、価格共に一番低いのを選択。ちなみに価格は1890円。個人的には価格は高く感じました。

IMG_0328

上の写真は、マシンに取り付ける直前です。
HDDの上下部分にはスポンジを巻いておりますが、実はこれ自分流のビビリ音対策なんです(^^;
昔、静音にこだわってた時期があって、そのときにどうしてもHDDのビビリ音だけが取れなくて、いろいろ試した結果がこれだったんですw
けど、この状態では5インチベイに格納不可能ですので、格納はせずにPCケースの底面にこの状態のまま置いてますw

あと、MaxtorのHDDを使ったのは初めてなんですが、HDDの発熱が異常に高いです。5秒も触ってられない状態です。MaxtorのHDDってこれが普通なのか?


■CPU
AMD Sempron 2400+(1.67GHz) SocketA/333MHz

価格は980円。安い!
元はDuron(700MHz)を搭載していましたが、これでかなりのスペックUPとなります!

IMG_0327

マザーボードのBIOSが古かったので、SempronサポートバージョンのBIOSへのアップデートも完了。
FSBは133(1.33GHz)にしておきましたw FSB166はまた今度にしておきます。
それでもDuronに比べればかなりキビキビ動作するようになりました!


無事にスペックUPを済ませたマシンですが、やっぱり出番が少ないことには変わりないです(^^;

関連記事:


0 件のコメント:

AddThis