2009年1月7日水曜日

LCG仕様にするならEAGLE製か…。

Mini-zを操る技術はヘボヘボですが、オプションパーツを物色するのは楽しいですw
今回はモーターマウントをアルミ製にしてみようかと検討中です。LM用のモーターマウントを物色していると、「LCG仕様」という聞いたこと無い言葉が出てきました。

■LCGとは…、
The Low Center of Gravityの略で、「低重心」という意味。
低重心にすることで、重心が低くなりコーナリングスピードと 路面追従性が大幅に向上する、とのこと。

なるほど、アルミ製モーターマウントにするにしても、LCG仕様の方がいろいろメリットがありそうです!そこで、LCG仕様のモーターマウントの種類を調べてみると、現時点では以下のモノが存在します。
ATOMIC製の「L.C.G Motor Pod for LM
EAGLE製の「3236:SP LMモーターマウントLCG仕様

デザインはATOMIC製の方がカッコイイのですが、ATOMIC製のLCGモーターマウントは、モーターをネジで固定するタイプとなっております。なので、モーター側は下のようにネジ穴があるタイプのみ取り付け可能となっております。
motor

で、僕が使用しているX-SPEEDはというと…、
 xspeed
なんか、1個だけネジ穴らしきものが存在しますが、ネジ穴の数や位置が違うので、取り付け不可能と思われます。

一方、EAGLE製はネジ穴が無くても取り付け可能なようです。デザインはちょっと好きではありませんが、これしかないですね(^^;
現時点では、RC Maniax Web Storeが一番安いと判断しましたので、ここで注文することにしますw

関連記事:


0 件のコメント:

AddThis