2008年11月29日土曜日

iTunes Genius機能

前回、iTunesカードを購入しましたので、Genius機能を有効にするためにアカウント登録を行いました。
itunes03

ライブラリの情報がアップルに送信されていきます…。
そして、Genius機能が有効になりました。
itunes04

まずは、Geniusプレイリストを試します。
「Genius開始」を実行すると、再生中の曲をベースに、ライブラリ内にある相性の良い曲を選曲して、それをプレイリストとして生成してくれます。
itunes09 itunes11

選曲の基準がよくわかりませんが、例えば、Madonnaの「Confessions on a Dance Floor」は、曲と曲がうまくつながって、ノンストップ構成のアルバムになっているのですが、Geniusプレイリストではどうなるかなぁ、とGenius開始してみました。
itunes12 
…構成関係なしにリストが生成されました(^^;
その曲に対して、相性の良い(似ている曲)を抽出して、リストに並べるだけで曲と曲のつながりというのは考慮されてないのかなぁと感じました。どうなんでしょうね?

続いて、Geniusサイドバーです。
iTunesにGeniusサイドバーを表示しておくだけで、再生中の曲をベースに、iTunes Store内にある相性の良い曲を自動的に表示してくれます。
itunes06

曲によっては、表示できないものもあり、その場合は、iTunesのトップソングとトップアルバムの紹介が表示されます。
itunes05 

これらの機能を使ってみて、僕としては結局のところGeniusプレイリストはあんまり使わない機能かなあと思いました。Geniusサイドバーは使うと言うよりかは、表示したままにしておこうという感じですね。

関連記事:


0 件のコメント:

AddThis