2008年10月4日土曜日

Mini-z開封!

Mini-z:ASF 2.4Ghz MR-02LM
ポルシェ 962 C LHです。
友人からMini-zを教えてもらったのがきっかけでヤフオクで落札してしまいましたw
まだ、Mini-z自体をわかってないです。。。とりあえず小さいラジコン。
この箱から出して、走らすまで結構苦労しました。まず、この箱から出すと、Mini-z本体と本体が乗っている土台(厚紙)がネジ止めでベッタリ固定されています・・・。いきなり面倒です。
20080929309

やっと土台を取り除いたと思ったら、今度はこれ・・・。シャーシ裏面に「え?これ何?」と思ってしまう青い物体。これも取らないとダメぽいです。しかも内側からのネジ止めなのでボディをはずす必要があります。
20080929314

ボディは思ったよりガッチリ固定されています。
ギギギギ.....ググググ......ガシャッ.......
ボディが割れてしまいそうでしたが、なんとか無事に取れました。モータ部分は、コンデンサむき出しになっており、樹脂で絶縁されています。なんか全体的にプラスチッキーですw こういうところを別売りのアルミ製パーツなどに取り替えたりして良くさせるんでしょうね。
単4電池を入れる部分のカバーを取り外し、ようやく先ほどの青い物を外しました。
20080929316

そして、単4電池x4本を入れていきます。
1本目を入れてから気づいたのですが、この奥に埋まった電池はどうやって外すのだろうか・・・?
20080929323

そして、プロポ(Perfex KT-18)も一緒に落札ですw
ちなみに、Perfex KT-18のココがすごい!は以下の通り。
-----------------------------------------------------------
①空いている周波数を自動選択するASF2.4GHzシステム。混信を防止した操縦が可能。
②バンド確認やバンドの空き待ち不要。ペアリングするだけでシャシーに登録されスイッチ入れて即走行。
③クリスタル交換不要で最大40台の同時走行を自動的に可能にする安定した性能。
④1台の送信機を複数の2.4GHZミニッツレーサーに登録可能。
⑤トレーニングモード搭載。ノーマルスピードの50%~ 0%までの設定が可能。ご自宅からサーキットまで幅広く楽しめます。
⑥単4アルカリ乾電池4本仕様で、重量約290gの軽量仕上げ( KT-5 約540g)
⑦NEWブレーキシステム搭載。連続ブレーキ(ポンピング)が使える様になった事で、操縦フィーリング大幅アップ↑
⑧送信機基板は、近藤科学(株)のハイエンドモデル「ヘリオス」にも匹敵。しかもICS機能を標準装備。( KT-5比:分解能と信号化の処理速度大幅アップ↑)
⑨受信機基板は従来モデルのAD(HG)基板と同等の性能。
⑩デジタルトリム採用。左右独立設定可能なステアリングEPA。
⑪ブレーキの効きが調整可能(スロットルトリム)
-----------------------------------------------------------
最大のウリは①②③だと思います。僕はそれ目当てでASF 2.4Ghzを選びましたから。クリスタル不要ってのが嬉しいですね。
20080930331

で、ペアリングは、1回目は失敗しました。近くにあったノートPCのBluetoothと無線LANが有効になっていたから!?無効にしてからの2回目のペアリングは成功しまし、無事にMini-zを走らすことが出来ました。
といっても、自宅なのでゆっくりクルクルまわって終了です。Mini-zなかなか面白いです。サーキット場で走らせて見たいものですw
20080929327

片付けるときに気が付きましたが、奥に埋まった電池の取り方は、シャーシ裏側に長細い穴がありますので、そこからつついて取れました。僕は例の青い物でグイグイ押しこんでやったら電池を取ることが出来ました。不要そうだし捨てようかなと思ってた青い物が予想外の働きを見せてくれましたw20080930330

関連記事:


0 件のコメント:

AddThis